インプラント

日本口腔インプラント学会専門医による 最先端の技術で確かな安心を ノーベルバイオケア社公認インプラントインストラクター
日本口腔インプラント学会専門医による 最先端の技術で確かな安心を ノーベルバイオケア社公認インプラントインストラクター

歯のことなら何でもお気軽にご相談ください

徳島駅からバス5分/「住吉2丁目」下車
徳島市民病院から東へ600mの距離にございます

  • 歯にいいなGO 0120-821175歯にいいなGO 0120-821175
こんなお悩みはありませんか?こんなお悩みはありませんか?

こんなお悩みはありませんか?implant

  • 歯を失くしてしまった
  • 歯を抜かないといけない
  • 他の院で治療を断られてしまった

日本口腔インプラン
ト学会の専門医が
そのお悩みを解消します!!

当院のインプラント治療とは 当院のインプラント治療とは

当院のインプラント治療とは

インプラントとは本来埋め込むという意味の言葉ですが、歯科では顎の骨に人工歯根を埋め込むことまたは人工歯根そのものを指します。
インプラント治療とは失われた歯の代わりにチタン合金の人工歯根を顎の骨に埋め込み、その上にセラミック等の人工歯を取り付けることによって、自分の歯と全く遜色のない新しい歯を作る治療法です。
1952年、スウェーデンの科学者ペル・イングヴァール・ブローネマルク博士は、純チタンが骨の組織と結合する事実を偶然に発見し、この現象を「オッセオ インテグレーション」(骨結合)と名づけました。 そこで、ブローネマルク博士はこれを人工歯根(インプラント)として利用する方法を開発。 軽くて丈夫な純チタンの歯根が骨と結合し、生まれながらの歯根と同様に歯冠を支えるシステムを完成させました。 このシステムはブローネマルクシステムと呼ばれ、世界ではじめてシステム化されたインプラントです。
  • 清潔なオペ室清潔なオペ室
    清潔なオペ室
    他の治療との混合診療はいたしません。オペ前に部屋を消毒いたします
  • 世界最高水準の
インプラントメーカーを採用世界最高水準の
インプラントメーカーを採用
    世界最高水準の
    インプラントメーカーを採用
    世界最高水準のインプラントメーカー(ノーベルバイオケア社)を採用(45年の臨床実績、世界・国内ナンバー1シェアの安全・安心です)
  • クオリティーの高い
インプラント治療
クオリティーの高い
インプラント治療
    クオリティーの高い
    インプラント治療
    補綴歯科学会の指導医と口腔外科学会の指導医がチームを組んでンプラント治療に当たっております
ご提供するのは、大学病院レベルのハイクラスな歯科治療。
ご提供するのは、
大学病院レベルのハイクラスな歯科治療。
インプラントを埋め込むだけの十分な骨がない場合は治療をあきらめないといけないのでしょうか?
答えはノーです。
最近では様々な方法を使って骨を造成することが可能となっています。
上顎洞底挙上術(サイナスリフト) 上顎洞底挙上術(サイナスリフト)

上顎洞底挙上術(サイナスリフト)

上顎の奥歯は抜けてから時間がたつと上顎洞(サイナス)という空洞が大きくなり骨の厚みが減少します。
この部分にインプラントを埋め込むには、この空洞にお口のなかからインプラントを埋め込む方向の横から穴を開けて将来骨になる材料を詰め込み骨を造成します。通常13ミリほどの高さまで造成します。
将来骨になる材料として100%安全な自家骨がありますが、サイナスリフトの場合は周囲が健全な骨に囲まれた部分に骨を作る方法ですので、必ずしも自家骨を入れる必要はありません。
ソケットリフト ソケットリフト

ソケットリフト

サイナスリフトほど高さを造成する必要のないケースに用いるテクニックです。インプラントを埋め込む穴から将来骨になる材料を詰め込み骨を造成する方法です。そのため造成する骨の高さは数ミリ程度が限界です。
サイナスリフトと違って大きく切開することがないので、術後の腫れはほとんどありません。
自家骨移植 自家骨移植

自家骨移植

インプラントを埋め込む部位とは別の部位から採ってきた骨を移植することによって骨を造成する方法です。
サイナスリフトとソケットリフトは顎の骨の内側の空洞に骨を作る方法ですが、この方法は顎の骨の外側に骨を作ることのできるテクニックです。
当院では下顎の奥歯の後ろや下顎の前歯の下から自分の骨を採取して、必要なところに移植しています。下顎の骨は硬く移植後も吸収されにくく、感染に対する抵抗力も十分なため、骨のボリュームを外側に増やすために用いる100%安全で確実な方法です。
牛や他人の骨を処理した人工骨を移植に用いている先生もいますが、未知の病原体の存在は100%否定することができないので、当院では全く使用していていません。
腰骨から移植骨を採取する方法もありますが、全身麻酔が必要で、術後1週間は入院が必要なこと、また最大の欠点は移植する骨が柔らかいため造成した量のほぼ半分が吸収してなくなってしまうため、患者さまに多大な負担を強いる割に治療効果が低いので、この移植方法は将来なくなると思われます。

他院で治療を断られた方も
安心してお問い合わせください

  • 歯にいいなGO 0120-821175歯にいいなGO 0120-821175

本数の少ない
最先端インプラント治療法 ALL-ON-4

本数の少ない最先端インプラント治療法 ALL-ON-4本数の少ない最先端インプラント治療法 ALL-ON-4
All-on-4(オール・オン・フォー)は、総入れ歯をお使いの方や多くの歯をなくした方のための最先端のインプラント治療法です。
従来、すべての歯を失った方にインプラント治療を行う場合、骨の移植をしたり、8~14本のインプラントを埋め込むのが一般的でした。
そのため手術時間が長くなり、術後の腫れも大きく、費用がかさむという不安要素がありました。
All-on-4は、奥のインプラントを骨のある部分へ斜めに埋め込み、力を広く均等に配分することにより、最少4本※のインプラントですべての人工の歯を支えることに成功。
上記のような不安要素を解消することができました。
手術や費用の負担を必要最低限に抑えた新しいインプラント治療法-それがAll-on-4です。
ALL-ON-4の治療例
ALL-ON-4の治療例
All-on-4(オール・オン・フォー)は、総入れ歯をお使いの方や多くの歯をなくした方のための最先端のインプラント治療法です。
従来、すべての歯を失った方にインプラント治療を行う場合、骨の移植をしたり、8~14本のインプラントを埋め込むのが一般的でした。
All-on-4は、奥のインプラントを骨のある部分へ斜めに埋め込み、力を広く均等に配分することにより、最少4本※のインプラントですべての人工の歯を支えることができます。
総入れ歯とインプラント(ALL-ON-4)の比較
総入れ歯によるトラブル
  • 入れ歯と歯ぐきの間に食べ物が挟って痛む
  • 噛む力を十分にかけられず、硬い物を食べられない
  • 歯ぐきが震われていて、食べ物がおいしく感じられない
  • 入れ歯が動いて発音しにくく、人との話が億劫になる
  • 食後に入れ歯をはずして洗ったりするのが嫌で、外出や旅行ができない
  • 口臭がひどいのかと不安で人に会うことができない
  • 顎がやせてしまい、年老いて見える
All-on-4により解消
  • 食べ物がはさまって痛むことがない
  • 顎の骨にしっかりと固定されているため、硬い物も食べることができきちんと栄養が取れるようになる
  • 天然の歯と変わらない感覚で物を噛んだり、味わうことができる
  • 固定されているため安心して話ができる
  • 固定式の歯になるため、取りはずす必要がなく、外出や旅行が楽しめる
  • 人と会うことに対して自信が持てるようになる
  • 顎の骨の変形も少なく、若々しい顔貌を維持できる

歯のことなら何でもお気軽にご相談ください

徳島駅からバス5分/「住吉2丁目」下車
徳島市民病院から東へ600mの距離にございます

  • 歯にいいなGO 0120-821175歯にいいなGO 0120-821175

治療の流れ

  • 精密検査と治療計画の確認精密検査と治療計画の確認
  • 1次手術1次手術
  • 定着期間定着期間
  • 2次手術2次手術
  • 人工歯の装着人工歯の装着

当院の症例

前歯を失った場合
差し歯が折れてインプラントに差し歯が折れてインプラントに
差し歯が折れてインプラントに
他院で治療された左上の前歯の差し歯が外れて来院されました。歯の根が割れていたため歯を抜くのと同時にインプラント埋入を行いました(即時インプラント)。右上の古い差し歯も新しものに作り替えました。
前歯2本をインプラントに前歯2本をインプラントに
前歯2本をインプラントに
前歯を失って2ヶ月後に来院されました。右上の前歯も歯が折れていて膿んでいたのでインプラントで治療させていただきました。
奥歯を失った場合
左上の奥歯が折れてインプラントに左上の奥歯が折れてインプラントに
左上の奥歯が折れてインプラントに
歯根破折のため抜歯してしばらくおいてからインプラント埋入を行いました。歯肉を切開して1回法にて治療させていただきました。治療後は歯茎のラインもきれいで新しい歯を手に入れることができました。
上の歯を失って数年後にインプラントに上の歯を失って数年後にインプラントに
上の歯を失って数年後にインプラントに
上の奥歯を失って何年も経っていましたが、両隣の歯に全くダメージを与えることなくインプラントで新しい歯を手に入れることができました。
ブリッジをインプラントにブリッジをインプラントに
ブリッジをインプラントに
古いブリッジをインプラントにしました。インプラントの両隣の歯もセラミックスに替えました。
All-on-4 総入れ歯の場合
下の総入れ歯をインプラントに02下の総入れ歯をインプラントに02 下の総入れ歯をインプラントに03下の総入れ歯をインプラントに03
下の総入れ歯をインプラントに

オールオン4がまだ科学的な裏付けがない時期に治療させていただいた方です。
2回法で5本のインプラントを埋入し、メタルセラミックスの上部構造を装着させていただきました。
治療終了後5年経過しておりますが、全く問題なく経過しております。

5年後のリコール時に上部構造をはずした状態です。
マルチユニットアバットメントにメタルセラミックスの上部構造をネジ止めしてあります。
最低1年に1度はネジをはずしてチェックを行います。お手入れがよければこのような状態を長年にわたり維持することができます。

下の総入れ歯をインプラントに01下の総入れ歯をインプラントに01
アバットメントの後ろにある発赤はインプラントでよく噛めることによって顎の骨が増殖し上部構造に強く当たっていることによるものです。予後がよいケースでしばしば経験する現象です。
上の総入れ歯をインプラントに上の総入れ歯をインプラントに
上の総入れ歯をインプラントに
2回法でインプラントを10本埋入させていただき、メタルセラミックス製の14本の上部構造を装着させていただきました。
左下のブリッジもインプラントで治療させていただいています。
骨量の少ない場合
下の奥歯で神経との距離がわずかなケース01下の奥歯で神経との距離がわずかなケース02 下の奥歯で神経との距離がわずかなケース01下の奥歯で神経との距離がわずかなケース02
下の奥歯で神経との距離がわずかなケース
神経との距離がわずかしかない患者さまに短いインプラントを埋めさせていただいた例です。
下顎の骨の中には太い神経が通っていて、奥歯にインプラントを埋め込むときはこの神経を傷つけてしまうと下顎の半分の感覚が麻痺してしまいます。
この患者さまの様に神経の上にある骨の量が少ない場合は必ずCTを撮影して断面図から神経の正確な位置を確認します。当時ブローネマルクインプラントの最も短い7mmのインプラントを神経ぎりぎりの位置に2本埋入させていただきました。
サイナスリフトしないでインプラントを傾斜埋入01サイナスリフトしないでインプラントを傾斜埋入02 サイナスリフトしないでインプラントを傾斜埋入01サイナスリフトしないでインプラントを傾斜埋入02
サイナスリフトしないでインプラントを傾斜埋入
奥歯の部分に他院では骨造成しないとインプラントはできないと言われ当院に来院されました。わずかに残っている骨にインプラントを傾斜埋入することで骨造成することなく治療することができました。反対側も大臼歯がないのでこの状態でバランスよく噛むことができます。
上顎結節に傾斜埋入(結節インプラント)01上顎結節に傾斜埋入(結節インプラント)02 上顎結節に傾斜埋入(結節インプラント)01上顎結節に傾斜埋入(結節インプラント)02
上顎結節に傾斜埋入(結節インプラント)
サイナス(上顎洞)が大きく骨量が限られていましたが、後方は上顎結節に傾斜埋入(結節インプラント)をすることによって骨造成をしないでインプラントを埋め込むことができました。

料金について

診断料価格は全て税抜です
サージカルステント ¥15,000
オプション ノーベルガイド(3Dシミュレーション) ¥50,000
外科処置価格は全て税抜です
インプラント埋入(1本) ノーベルバイオケア社製 ¥260,000
他社製 ¥200,000
オプション ノーベルサージカルガイド ¥50,000~
静脈内鎮静法 ¥60,000
自家骨移植 ¥200,000
サイナスリフト ¥200,000
ソケットリフト ¥50,000
FGG(遊離歯肉移植術) ¥60,000
CTG(結合組織移植術移植術) ¥60,000
即時荷重 ¥30,000
補綴処置価格は全て税抜です
アバットメント チタンアバットメント ¥40,000
ジルコニアアバットメント ¥60,000
上部構造 金銀パラジウム ¥60,000
プラチナゴールド ¥90,000
フルジルコニア ¥90,000
オプション プロビジョナル ¥10,000
補綴処置価格は全て税抜です
手術費用 上顎 ¥1,800,000
下顎 ¥1,500,000
メンテナンス価格は全て税抜です
¥5,000~
医療費控除について

治療を受けられるご本人様又は家計を共にする配偶者やご家族の方の為に、医療費をその年の1月1から12月31日までに10万円以上(所得額200万円未満であれば所得金額の5%)支払った場合には、一定の金額(最高で200万円)の所得控除を受けることができます。(保険金等で補てんされた金額は除く。)

控除される金額は以下の計算になります。
医療費の合計 - 保険金等で補てんされる金額 - 10万円 = 医療費控除額

また、治療のために通院に掛った交通費等も医療費控除の対象となります。お子様の通院で付き添いが必要な場合は、付添い人の交通費も対象となります。ですので、通院した日および通院に掛った費用は、記録し控えておいて下さい。(ただし、自家用車で通院した際のガソリン代や駐車場代などは、医療費控除の対象外となります。)

尚、医療費控除を受けるには確定申告が必要となりますので、治療の際の領収書等は大切に保管しておいてください。